本文へスキップ
 
らのメッセージ
 HOME
 部員紹介
 写真集
 試合結果
 OBからのメッセージ
 リンク


空手道部の歴史はコチラ
 
 
  What's 一橋大学空手道部?
 
  • 空手道部の沿革
  • 初心者でも大丈夫?
  • 活動内容、練習時間、合宿
  • 昇級、昇段審査、試合

 
★一橋空手道部の沿革

● 一橋大学空手道部は
松濤館(しょうとうかん)という流派に属してい ます。
 テレビなどでよく目にする極真空手とはちがい、寸止めを基本としているので
 ’殴り合い’とは全く違います。
 
 初心者から誰もが無理なく早く上達できるよう一橋大学空手道部では

 
合理的思考に基づく練習体系を採用しています。

 従って当部では、一般にイメージされがちな
シゴキなどはありません

 特に新入生は、受験勉強で体力が落ちていますので
 練習メニューにも配慮しながら徐々に空手に習熟してもらっています。
 


 文武両道を掲げています。 
テスト前1週間休み有。

長期オフ(夏・冬)試験オフを取り入れているので
 試験勉強に支障はありません。 

● 300名を超える一橋空手部OBは、ビジネス界はもちろん政治・外交・官庁・
 マスコミなど、各界中枢で活躍しています。 現役部員にとって就職はもちろん
 何でも相談できる心強い先輩方を多数擁しています。
★初心者でも大丈夫?

「大学から空手始めるんですけど大丈夫ですか?・・・・・・」

「高校ではまったく運動していなかったのですがついていけますか?」

などの声が多く聞かれます。・・・が!!!

一橋空手部でもほとんどの部員が入学後に空手を始めており
卒業までにほぼ全員が黒帯になっています


春、夏の練習は基本の動きを中心にするので
まったく運動していなかった人も練習の中で自然と身体つくりができ
半年〜1年後には空手っぽい動きができるようになっています。

試合は寸止め(技を相手の急所の寸前でキメる)で行われます。

また、学生空手の組み手は防具を着用して行われ
急所前にキメないであてすぎると反則になるなど

安全に配慮されたものとなっています。
 

              ★活動内容


≪練習≫ 
● 西キャンパスの新道場で月・水・金・土の週4日、2時間半ずつ行っています。

 
月・金 16:30〜18:30 
水 13:30〜15:30 
土 9:00〜12:00※ 

基本・・・ 空手の基本動作(突き・蹴り・立ち方・運足など)の練習 
組手・・・ 実戦形式の練習(実際に相手と対面して行う。寸止めとは
相手の急所の手前を目標とみなして攻撃することです。 
形 ・・・ 実戦の技法を一連の動作に盛り込んだ、空手技の集大成。 

※土曜日はOBとの合同練習を行っており、ポイントを押さえたアドバイスで
 練習効率 のアップを図っています。 

新道場はグッドデザインも受賞した素敵な道場です!!



≪合宿≫
● 8月には海外合宿を実施し、空手を通じた国際交流を行っています。

 タイ・バンコクのチュラロンコン大学の空手道部との
 合同合宿を行っています。

●秋(9月)には国内で1週間ほど合宿を行います。 

●春(5月)、夏(6月)、冬(12or1月)には
国立の道場においてそれぞれ1週間ほど強化練習を行っています。


               ★昇級・昇段審査

≪昇段昇級審査≫
● 年三回実施。日頃の練習の成果を師範・監督に審査して頂き
上達が認められれば、より上位の級が認定されます。 

● 白帯から始め、青帯(5級以上)、茶帯(3級以上)を経て
黒帯(初段以上)になります。 

● 通常は、初心者から始めて三年生の始め頃、初段の認定を受けます。
空手の黒帯は、一般的に他の武道より認定レベルが高いとされ
誇るべき一生の宝となります。


≪試合≫ 
● 他大学の空手道部と同様、全日本学生空手道連盟に所属しており
日本武道館等で、 年数回の試合(大会)があります。
これまで優秀な成績を残し、全日本大会にも何度も出場しています。 



 
↑ページトップへ戻る  

inserted by FC2 system